« 新年もTake it easy | トップページ | ドラマチックな時の中で »

「だいすき」が早く観たい今日

今日からTBS系で「だいすき」が始まります。

CMで観てから、このドラマは必ずチェックしようと思っていました。

以前にこのブログで、自閉症の主人公が登場するドラマについて書きましたが、私は精神世界に少し興味があって、知的障害に関心がありました。

そもそもは、中学校の時に出会った一冊の本が始まりです。

勉強は苦手でしたが、本に対する嫌悪感はあまりなく、その日は何の気の迷いか学校の図書館に足を運びました。

普段本など読まないので、係の人(先生だったのかどうかは知りません)にお勧めの本がないかを聞きました。

その時勧められたのが「アルジャーノンに花束を」という本でした。

結構古い本なのですが、世界中でベストセラーになった本らしく、とりあえずその場で少し読んでみました。

主人公の日記という形で展開していくのですが、主人公は知的障害者です。

少し読んだ所で興味を持ち、何日か通って読みました。

あの本と出合った事で、私は知的障害というものの、別の側面を見た気がしました。

小学校の時、同じ学年に知的障害を持った子がいて、その時は奇妙な行動や発言ばかりに目が行き、私の中で知的障害のイメージが出来上がっていました。

しかし、この本を読んだ時、そのイメージに別の思いが付与されました。

美しい生き方って何だろう、という思いです。

この本はフィクションで、現実には難しい展開を見せますが、それでも私の知的障害に対する考え方を、大きく変えてしまいました。

神様が欲した人間の存在は、私たちではなく、知的障害を持った人たちのような存在だったんじゃないかと、漠然と感じてしまったのです。

ヘタに知識を得てしまった人間は、自然を壊し、他の生き物を殺し、自らの住む惑星を死の大地に変えようとし続けていますが、もしアダムとイブがエデンを追放されていなかったら…などと考えてしまいます。

そんな訳で、「だいすき」には注目しています。

多分、観ながら泣いちゃうんでしょうけど(笑)

|

« 新年もTake it easy | トップページ | ドラマチックな時の中で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/446460/9935932

この記事へのトラックバック一覧です: 「だいすき」が早く観たい今日:

« 新年もTake it easy | トップページ | ドラマチックな時の中で »