« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

高みへと

パッヘルベルのカノンが好きです。

富士山でご来光見ながら聴いたら、多分泣き崩れますね。

バッハのG線上のアリアも好きです。

朝もやに煙る湖で聴いたら、多分意味もなく感謝しますね。

ロッシーニのウィリアム・テル序曲も好きです。

映画「ブラス!」を観て以来、私の突撃時のテーマ曲です。

クラシックを聴くと、必ず思うのが楽器の不思議です。

バイオリンは、既に完成された楽器だと聞いた事があります。

つまり改良される事はない、という事です。

手を着けても、悪くなる事はあっても良くはならない。

それって凄い事じゃないかなって思うんです。

今地球上に存在するもので、完成しているものってそんなにない気がします。

時代が変わって技術が進歩すれば、更に良い物に改良してきたのが人間の歴史だと思うのですが、バイオリンに関しては最高到達点に達しているらしい。

電子バイオリンなどが最近はあるそうですが、音色は本物のバイオリンに如何に近づけるか…らしく、超える事は初めから考えていないようです。

私のような素人にはわかりませんが、やっぱりバイオリンを良く知る人たちも、そう思っているからなのでしょう。

凄くないですか?

MAXですよ!MAX!

羽を持たない人間が空を飛び、酸素がないと生きていけない体で宇宙に行くのに、バイオリンは改良不可能な高みに達しているなんて、考えただけでも感動です。

私はペンネームに永遠を使っていますが、それは私自身が永遠な物なんて存在しないと思い、それに憧れを抱いているからです。

でも、バイオリンの音色は未来永劫、今と同じ音色なんです。

それって永遠って事ですよね?

バイオリンってスゲー!!!

バイオリン職人万歳!!!

食欲の秋も良いけど、夜長は人類が到達した数少ない高みに耳を傾けるのも良いですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムキー!!!

とても腹立たしい事があります。

昨日、TBSのドラマ「マラソン」を見ました。

嵐の二宮さんが自閉症のマラソンランナーを演じるドラマで、とても良かったと思います。

虹をくぐり抜けて行くシーンは感動しました。

しかし、それでどうしても納得いかない事があります。

ドラマについてではなく、自閉症についてです。

私は自閉症について、ほとんど知りません。

ネットで調べて見る限りでは、コミュニケーション能力に支障が出る問題のようです。

私がイラッときたのは、その症状の名前です。

自閉症

自らを閉じる症状?自我を閉じる症状?まさかとは思いますが、自由を閉じる症状?

「マラソン」以外でも、SMAP草ナギさんが連続ドラマで自閉症を演じているドラマや、特別番組系で見た事がありますが、彼らが何を閉じていると言うのでしょう?

コミュニケーション能力に障害がある事で、理想と勝手に決め付けられている上辺だけの人間関係を築けない事が、閉じているとなぜ言われなければならないのでしょうか?

もし私の大切な人が自閉症と診断されたら、私は絶対にその名前を許せません。

ドラマに出てきた自閉症の主人公たちは、人と話す事が苦手だったり、集団行動についていけなかったりする事は確かにあります。

だからと言って、彼らは何かを閉じているのでしょうか?

この世の多くの物事には名前が付けられ、その起源は意味不明な場合も多いと思います。

秋刀魚がなぜサンマなのか、誰が命名したのか知らないし、別に秋刀魚を秋刀魚と呼ぶ事に異議はありません。

でも、病名や症名に関しては、もっと被験者や身近な人の気持ちを考えるべきだと思います。

白血球の異常が白血病、脳の血管が詰まるのが脳梗塞など、症状から付くケースが多いと思いますが、自閉症は何を持ってその名前が付けられたのか、大いに疑問です。

大体のドラマでは、他人が悪意、もしくは何気なく言った一言を守り、酷い目に遭うシーンが出てきます。

「マラソン」でも、マラソンのコーチの指示を聞かない主人公に、コーチは「水は飲んではいけません」と言って、その場を離れる際に「百周でも二百周でも勝手に走れ」と言って仕事に行ってしまいます。

主人公はコーチの言葉を守り、水も飲まずに公園を走り続け、脱水症状で倒れます。

主人公がコーチの言った事を守ろうとしたのは、コーチとの信頼関係があった上だとは思います。

でも、私はどんなに信頼している人でも、その人の言葉を盲信する事はできません。

なぜなら、人間は自分本位だし、利益の為に嘘を吐くし、優位に立つ為に親切な顔をして騙す事を知っているからです。

しかし、自閉症の主人公は、そんな人間の言葉を信じ、守ろうと一生懸命勤めます。

それは、アダムとイブが楽園に住んでいた時と同じ心なのではないのでしょうか?

神の言う事を守っていたのに、蛇の誘惑に負けたのは蛇の言う事を信じたから。

神は自分の決め事を破り、蛇の言葉に従った二人を追放しますが、二人は蛇が悪意を持っているなんて思ってもいなかったのではないでしょうか?

子供が成長する過程で、先に教えるのは「人(親)の言う事は聞きなさい」で、ある程度大きくなってから「知らない人について行ってはいけません」だと思います。

つまり、可信を教えて不信を教えるのが主流だと思います。

そして人間は成長するに連れ、人を疑う事に馴れ、人を信じる事が難しくなって行きます。

自分を閉じてしまうのは、むしろ私たちの方のような気がするのです。

私がそんな事を思っても、どうせ偉い学者さんかお医者さんが付けた名前なのでしょうから、自閉症が可信症とかに変わる事はないのでしょう。

でも、自分たちが当然で、全ての基準になって、その基準を満たせないから「閉じている」と言う事に腹が立ちます。

お前らがナンボのモンじゃい!!!

チクショ~悔しいよ~(T_T)

この怒りを小説にでもしようかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新作公開にあたっての心構え

新しい小説を書いたので、いつものようにUPしようと思ったら、以前に書いた小説にコメントが!

いやー、ありがたい事です。

とても優しい口調のコメントでした。

世の中って良い人ばかり?と思っちゃいます。

優しいだけじゃなく、ダメな所にも言及して頂いていて、とても勉強になります。

自分では「褒められて伸びる子」だと思っていますが、小説に関しては勉強中の身なので、ダメな所はダメと言って頂けるのはとてもありがたいです。

その方のコメントを読んで、私自身も「そうだよなぁ」と勉強させてもらいました。

その反省を今後の作品に生かして行きたいと思います。

今回、コメディ小説に挑戦してみました。

お笑いブームが続いていますが、人を笑わせる事って大変ですよねぇ。

競泳パンツで「そんなの関係ねー」って言えるまでに、沢山の苦労があった事でしょう。

でも、書き上げてみて、チャレンジして良かったと思いました。

今まで書いてきたものが切ない話ばっかりだったので、書いている時も結構楽しかったです。

「はじけろ太閤」という題名の、歴史上の人物と同姓同名の小学生たちが主人公です。

歴史上の事実と私の勝手なイメージを融合させてみました。

ただ、歴史に疎いので、日本史好きの人は納得してもらえないかも…という不安があって、面白いかどうかの不安と化学反応を起こし、テンションが下がりまくる事態に陥っています。

はぁ。とりあえず明日はテニスに行って気分転換です。

良かったら読んでみて下さい。

http://ncode.syosetu.com/n6801c/

次は、以前に書いた童話の続編か、「努力」をテーマにしたものを書こうと思っています。

世界柔道を見て、何か閃くと良いんですけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

変な日本語?と夢見がちな自分

昨日、歩いていた時の事です。

反対側からスーツ姿の男性が、携帯片手に話しながらやってきました。

そして、すれ違う時に、その人の会話が耳に入ってきました。

「ヤベーよ俺体重重くなってさー」

最近文章をよく書くせいか、この言葉が変に感じて、思わず笑ってしまいました。

体重は増えたり減ったりするもので、重くなったり軽くなるのは体ではないのでしょうか?

でも、この言葉に句読点を付けると、なんとなく正しく感じる気もします。

「ヤベーよ俺。体重、重くなってさー」

これでも体重が重くなったという表現である事には変わりませんが、「体重が増えて、体が重くなった」の略という判断もできるような気がします。

そもそも、体重が増える事がヤバイのか、体が重く感じる事がヤバイのか、という問題があります。

体重が数値上増えただけで、体が重く感じる訳ではないのであれば、上記の句読点修正も誤りになってしまいますから。

いやー、日本語って奥が深いです。

って、そんな事を真剣に考えてしまう私が一番ヤバイのかもしれません…。

・・・・・・・・・・

最近夢をよく見ます。

私がベビーカーを押して、両脇が芝生のレンガ敷きの小道を歩いています。

隣には帽子を目深に被った女性が、同じくベビーカーを押して歩いています。

でもその女性は私から離れていく人のようで、私は心の中で「今までありがとう。それと、ゴメン」って思っています。

3段くらいの階段があって、私は1段ずつベビーカーをゆっくり降ろします。

そして気付くと女性はいなくなっています。

私は芝生に乗り上げ、時折吹く風を感じて、ベビーカーに乗っている子供(3歳くらい)の背後から、自分の顔を子供の頭に付けて、涙声で言います。

「もし、自分で何でもできるようになって、俺がいらなくなっても、ずっと傍にいても良い?」

すると子供は、「うん」と言います…

何だこの夢!

起きたら泣いてました…。

夢って自分で制御できないので、全く見に覚えのない状況が出てきますよね。

私は怖い夢や悲しい夢を見ると、結構憶えています。

逆に楽しい夢は、見ているのかどうかもわからないぐらいに憶えていません。

夢は脳の遊びという説を聞いた事がありますが、私の脳内には悲しい思い出や怖い思い出しか詰まってないのでしょうか(T_T)

こんな生き方イヤだー!!!

精神的に疲れてるのかなぁ。

こうなったら、ふれあいラグーンでイルカに癒してもらうしかないかも?

そう思って行っても、イルカに平手打ちされたら立ち直れなくなりますね、きっと。

アザラシのヘッドバットもダメージデカそう…。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

モチ、読みますよ

今週は身が軽やかになってきたので、小説書きも忘れてフラフラと散策。

ネットで調べ物した流れでブログチェックしたら…

ココログで知り合ったお友達の小説が公開されています!

ハンズに涼みに行っている場合ではない!!!

って事で、読ませて頂きました。

最初はきつねこぶたさんの作品。

「空蝉の恋歌」という連載中の作品で、一人の少女と、一人の少年の運命的な話です。

しかも二人とも、置かれた状況から異性に成りすまして生きていかなければならないという運命を背負っています。

読んでてハラハラドキドキします!

二人を取り巻く私利私欲に満ちた多数のキャラとの攻防。

お互い惹かれ合わなかったはずなのに、徐々に動き出す心(特に姫として生きる少年)。

市販の小説じゃないのに、ここまで物語に入り込めるほどの展開は、ビッグマック200円以上のお得感がアリアリです!

まだ完結していませんが、幸せなオーラが出てきたと思ったら、次の難題が!って感じで、このまま「笑っていいとも」並の長寿連載でもアリです。

って、きつねこぶたさんに「まだ終わらせちゃダメですよ!」って脅迫してるみたいな感じですので、感想はこの辺で。

きつねこぶたさんの小説→ http://foxcatpig.blog20.fc2.com/

他にも学園物を連載されています。→ http://kitunekobuta.blog14.fc2.com/

毎日のように更新されていて、ちょっと尊敬。

次はきなこさんの小説。

二人の女の子と一人の男の子が織り成す、愛と友の二つの情が描かれています。

友達同士の女の子は、一人は男の子に恋した事を素直に受け入れ、もう一人は自分の思いを欺いています。

しかし、二人は本当の自分の気持ちに気付き…。

ラストシーンは、少し切なくなる感じもあるのですが、私の脳内にはその場面が浮かんできました。

この作品を読んで、ストレートに今の若い世代の言葉が使われているなぁと思いました。

私がオッサンになったという事かもしれませんが、多感な子供時代を書くのって、大人にはとても難しい事だと思います。

その点、きなこさんはご自身の言葉をストレートに表現する事で、今の世代の心模様をよりリアルに書かれています。

オッサンの考える甘酸っぱい恋バナなんて、所詮時代遅れって事ですかね…(涙)

きなこさんはこの作品が初公開作品のようですので、これからもお互い頑張りましょう!

きなこさんの作品→ http://ncode.syosetu.com/n5859c/

・・・・・・・・・・

そんな訳で、お二人の作品に刺激を受け、新作に取り掛かろうかどうしようか…って感じです。

私は哀の方向性が強い気がするので、今回は自分の殻を破るために、過去の作品とは異なったものを、と考えています。

殻が破れずに、両手首打撲が関の山かも(汗)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブログ友達が欲しいです…

本日、かなりの難題にぶつかりました。

ココログのお友達からバトンをまわして頂いたのは良いのですが、最後の問いに「5人にまわして」とあります。

いません。

た~す~け~て~!

へるぷみ~!!

S(すぐに)・O(オイラを)・S(救って)!!!

これってやっぱりブログ友達にまわすんですよね?

友達に口頭で…じゃマズイですよね?

はぁ~。

せちがらい世の中です。

とりあえず、ヤルだけの事はヤってみます!

【Q1/ 好きな言葉は?】
 「神様、お願い」

【Q2/好きなお菓子はなんですか?】
 ぽてち

【Q3/今一番食べたいものは何ですか?】
 じゃがぽく

【Q4/憧れの人はいる?】
 セロ(マジシャン) でもマジックは一切できません

【Q5/最近面白いと思った作品(本、映画など)を教えて下さい】
 7つの習慣(本)

【Q6/ 将来の夢は?】
 毎日面白おかしく、一生懸命生きる事ができる人(さんまさんみたいな感じ)

【Q7/ 犬派?猫派?】
 どちらかというと犬

【Q8/現在欲しいものは?】
 ブログ友達、バイク、無人島

【Q9/あなたのストレス解消法は?】
 1晩寝ると、大抵の事は気にならなくなる

【Q10/いらない物をキッパリ捨てられる派?捨てられない派?】
 「いつか使えるかも」と思う物だったら捨てられない

【Q11/願いが1つ叶うなら何を叶えますか?】
 空を飛べるようになりたい

【Q12/貴方にとって幸せとは何ですか】
 「ありがとう」と言ってもらえる事

【Q13/夏が好き?それとも冬が好き?】
 夏。寒いの苦手

【Q14/このバトンを回してくれた人はどんな人?】
 優しい人。勝手な想像だけど、子猫が捨てられているのを見たら、何度も振り返って、切なくなる人?

【Q15/今まで回答してきた中で必要ないと思った問いを一つ外し、
欠番になった番号に自分で考えた問いを入れて次の人に回してください】
 私が質問に答えて、誰が喜んでくれるのか主旨がわからないので、全部必要がない気がする

【Q16/バトンをまわす5人を絶対に指名してください。アンカー禁止。】
 無理!だって5人もいないもん!きつねこぶたさん、ごめんなさい。

何か、「不幸のメール」を思い出しちゃいました。

ある日知り合いから、件名が「ゴメンね」というメールが携帯に来て、何だろうと思って見たら、変な画像が付いているメールでした。

そして…

一週間以内に7人に同じメールを送らないと死ぬ!

と書いてありました。

誰にも送りませんでしたけど、一応生きてました。

結構そういう話を疑えない小心者なので、7日目はドキドキしましたけど。

ああいう「不幸の手紙」みたいなのは許せませんけど、こういうのなら誰も傷つかないし、良いと思いますけどね。

でも、みんなが5人に送ったら、11回繰り返した時点で日本の人口超えますよね…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

完成したぬーん

書いていた小説が完成しました!

腰痛のせいで外出できなかったから、一気に書き上げてしまいました。

かなり動けるようになってきたし、小説も一応書き上げたし、これで明日から心置きなくお出かけできます。

ただ、お友達倍増計画が全く進行していなくて困っています。

ココログでオリジナル小説を書いている人と交流を深めようと、時間があればココログ内をうろうろしているんですが、なかなかいないんですよねぇ。

小説を書くのって、比較的珍獣系なんでしょうか?

最近は自費出版も流行ってるって言ってたので、結構小説を趣味で書いている人は多いのかなぁと思っていたのですが。

でも、諦めずに探します!

だって、誰かの記事を読むのも楽しいし、コメントもらうと嬉しいし(0゚▽゚)0

そんな訳で、早速ココログ検索開始~!

あっ、良かったら小説読んでください。

直リンクです。 http://ncode.syosetu.com/n5789c/

それで、感想聞かせて頂けたら幸いです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »