トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

銀行で我思う

昨日、住民税を払いに銀行に行きました。

仕事していた時は毎月給与から引き落とされていましたが、品川区(今は住んでいません)から振込用紙が来ました。

九ヶ月分で20万オーバー!

3ヶ月で7万弱なんですが、高い。たけぇよ品川!

でも仕方がないので銀行に払いに行きました。

外はあいにくの雨。

3本の傘から3号(1号はスーツ用、2号はプライベート用、3号は忘れても良いビニール傘)をピックアップして、歩いて10分ほどの銀行へ。

初めて行く銀行で、しかも隣に同じ名前の証券会社があって、入り口に迷う。

「証券」と書かれていない入り口を発見して入りました。

「いらっしゃいませ」

しかし、中にはキャッシュディスペンサーしかありません。

私が知らない間に全業務機械化?

しばらくキョロキョロしていましたが、行員は声を掛けてくれません。

自力で看板を見つけ、目的の窓口は2階にある事を知り、階段で2階へ。

ドアを開けて中に入ると、今度は白髪のオジサン行員が話しかけてくれました。

と言うか、私の前に立ちはだかりました。

「本日のご利用は?」

他のおばちゃんやサラリーマンは素通りしていくのに、何で私だけ通せんぼ?

私がスルーして進入しちゃマズい理由が?

髪の色か!金魚が泳いでる柄シャツが派手だからか!ぶら下げてるチェーンが金属探知機に反応したのか!ヘッドフォンから漏れた音でハードロック聞いているのがバレたからか!

不法入国してしまった気分にさいなまれてしまいましたが、怪しまれないように敬語で言い訳…じゃなくて説明。

「じゃあそこに座って、これ書いて」

えっ?タメ口?

私が名前や振り込み金額を書く紙に記入している間にもオジサンは接客していましたが、私以外には敬語を使っていました。

私と同じぐらいのサラリーマンや私より若いと思われる女性にも。

戻ってきたオジサンは、「518」と書かれた番号札を私に差し出して一言。

「もう順番来ちゃったんだけど、二番の窓口に話してあるから、そっちに行って」

だから何でタメ口なんだー!

お礼を言って席を立つと、オジサンは見送りながら一言。

「二番の窓口ね」

わかっとるわい!

窓口の「呼ばれた番号」機は520になっていて、窓口の人も何かを書いていたので、ためらいながら声を掛けました。

窓口の人は良い人で、笑顔で応対してくれました。

「少々お待ちください」

一番近くの長椅子で待っていました。

すると、私の目の前にいきなり一人の女性が立ちはだかりました。

私服なのでお客さんのようなのですが、私が座っている事に気付いていないのか、距離が近い!

妙な圧迫感と見てはいけないような気分が織り交じって、思わず左を向いてしまいました。

左にはおばあちゃんが座っていて、私がおばあちゃんを見ている感じになっているので、おばあちゃんは私をチラチラ見ては正面を向く…の繰り返し。

ごめんね、おばあちゃん。別に怪しいモンじゃないですよ(>_<。)

目の前に立ったまま動かない人にイライラしてきて、少し左にずれようとしたら、おばあちゃんが過剰反応!

手に持っていた通帳をきんちゃく袋に慌ててしまい、あからさまに私に背を向けるように座り直しました。

私はそのまま硬直…。

違う!違うんです!私は住民税を払いに来ただけなんです(T_T)

何でこんな思いをしなきゃならないんでしょうか。

全てに絶望していると、別の女性がやってきて言いました。

「ごめんね~。銀行って時間掛かるからヤダよね~」

そのまま二人は話しながら去って行きました。

お前か!お前の付き添いか!

銀行に付き添い連れて来るってどんだけ?

その後、書き漏れを指摘されて書き直しさせられるし、銀行は相性が悪いようです…。

帰りに久々にスロット打ったら、95%継続するボーナス引いたのに、1回も継続せずに終わるし。

踏んだり蹴ったりカカト落としされたりの一日でした。

・・・・・・・・・・

夏の宿題として書いている小説の続編をUPしました。

銀行は一切出てきません。

動物園のお話で、主人公は飼育員です。

準主役は白熊です。

九州には「白熊」というアイスがあります。

小説には全く関係ありませんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休みの宿題「小説連載」開始だー!

この時期になると学生さんはブルー入ってるんでしょうねぇ。

「夏休み」とか銘打っておきながら、きっちり宿題を出す所がニクイ奴です。

私の学生生活は12年で終わりましたが、長期休暇の宿題にはこだわりがあります。

「最初の1週間でカタをつける!」人もいれば、「最後の1週間が勝負!」という人もいると思います。

きっちりと「毎日決めた分をコツコツ」という人もいるでしょう。

そんなあなた、あなたはきっと立派な人です。

将来大物政治家になって、税金を安くして下さいませ。m(_ _)m

前述の人も、手法が違うだけで、キッチリ結果を残す人という意味では立派です。

将来名ドクターになって、私の腰痛を治して下さいませ。m(_ _)m

私の宿題へのこだわりは…

「やらない」 以上。

小学一年生の時は宿題らしいものの記憶がないのでわかりませんが、二年生の夏休みに出された宿題の一部が間に合わないという不幸な出来事が起きて以来、宿題を完遂した事がありません…。

中学生以降にいたっては、提出率ゼロが基本ですヾ(@゚▽゚@)ノ

人間とは素敵な生き物で、経験から知恵を学ぶんですよねぇ。

宿題をやらないとペナルティ → ペナルティを甘んじて受ければ問題なし

という方程式が生まれる訳です。

中学生になってからは、中間テストがマイナス30点というペナルティを喰らいました。

返ってきたテストの答案用紙の右上に、大きく赤で「-30」と書かれます_| ̄|○

その他にも多少の体罰がオプションで付いてきますので、他の人にはお勧めしませんが。

そして立派な大人になった今、自ら夏の宿題として開始した小説が、やっと連載始めました!

連載と言っても3つのエピソードを1つずつUPするだけなので短編みたいなものですけど。

隕石群による人類滅亡の危機を迎え…というベタな設定ですが、1話目は愛をテーマに書いています。

第三者的に書いていますが、主人公の会話を多く使って、感情の表現を読む方にお任せしています。

二人の主人公がどんな気持ちで言った言葉なのか、決めるのは読む人次第だと思います。

良かったら読んで感想を聞かせてください。

http://syosetu.com/pc/main.php?m=w1-4&ncode=N5789C

あと、プロフィールとリンクの作り方を学び、作って見ました。

プロフィールは「この人間は大丈夫だろうか?」と怪しんでいる方に安心して頂けるように作成しましたので、疑いが晴れない際にご利用下さい。

リンクはココログで知り合った方のココログブログのリンクです。

私のブログより有意義で面白いと思いますので、是非お立ち寄り下さい。

お友達倍増計画(未完成)で、もっと色んな方のリンクが増えれば嬉しいなぁ。

でも倍増しても4人かぁ…。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

トラックバックの謎

昨日書いた内容はブンタさんにトラックバックしたはずなのに、今日確認したら載ってない…。

???

ま、まさか、公序良俗に反した!?

もう一度内容を読み返しましたが、特に中傷する内容もないと思うんですけど。

もしかして、管理している人にも

「コレ、嘘だな」

って思われた!?

オオカミ少年なんてイヤダー

とりあえず冷静になる為にコメント確認。

あっ、コメントある!

読んでもらえたかなぁ。

信じてもらえたかなぁ。

そういえば、トラックバックって不思議なんです。

過去の記事にトラックバックがいくつか入ってたんですが、どのページも私の書いた内容と関係ないものばかり。

イジメ?

どうせこんなヤツの記事にトラックバックなんかつかない…という哀れみ?

泣いてやるぅ~!

多摩川が増水して、橋が決壊して、渡し舟のおっちゃんが「昔は橋があったんだけど、悲しい男の涙で増水しちゃってねぇ。今じゃ舟で渡るしかねぇんだよ」って遠い目して言うまで泣いてやるぅ!!

イインダ、ドウセオイラナンテ…

でもやっぱりブンタさんは気になります。

トラックバックURLを再度コピーして考える。

ん?

なんかURLの最後に空白が入ってる。

昨日の記事のURLを見たら、空白は入っていません。

もしかして?

空白ありでコピーして更新したら、ちゃんとブンタさんに届きました!

そういう仕組みだったのかぁ。

世の中には無意味なものなんてないんだと再認識。

空白万歳!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

推定飛距離3m

ブンタさん似のトラックバック野郎が「災害体験送ってくれ!」って言ってたので、今日は私の思い出を書いてみます。

私が中学の頃、GWも迫っていたある日に、かなりデカい台風が九州を直撃しました。

九州は毎年台風が上陸するので、正直台風はあまり怖くない…という思いがあります。

その時も普段通り、学校帰りに友達と遊んでいました。

どんどん風が強くなり、外にいるのもシンドイ感じになってきたので、仕方なく帰宅。

家でテレビを見ていたら、庭の方から

「ガン!」「ガガン!」「ガシャーン!」

と音がしました。

庭にはダイスケ(雑種)とダイスケの小屋があるので、様子を見ようと窓から覗いたら、暴風雨ってヤツで窓に打ち付けられる雨粒で全く外の様子が見えません。

「ダイスケ、飛ばされた!?」

私は玄関から外に出て、庭へ。

小屋は飛ばされていなかったので、慌てて小屋を覗いたら、ダイスケが

「マジ、ヤバイって」

って顔してました。

「今は耐える時だ」

と励まして、頭を撫でてから引き返した時、前方で何かがヒラヒラと飛んでいるのが見えました。

「何だアレ?」

その物体は家の壁にぶつかったり、隣のマンションの入水タンクにぶつかったりしていましたが、凄い勢いの雨で目がしっかりと開けられず、何かわかりません。

その物体は高く舞い上がり、一度私から遠ざかって行きました。

本当にヤバい気がしてきて、急いで玄関に向かおうとした時、その物体が再び飛んできました。

そして今度は私の足元の方に凄いスピードで飛んできて、私はとっさにジャンプしました。

その時…

このおおぞら~に~ つばさをひろ~げ~ とんで~ゆきた~い~よ~

大の字の格好で、私は後方の空に飛び立ちました。

飛んだ時は、本当に遠くまで飛ばされた気分でした。

大地に足が”こんにちは”した時、そのまま後ろに倒れそうになって、ブロック塀で腰を強打!

「はぅ!」

声にならない叫びをあげ、その場にうずくまりました。

何とか立ち上がってみると、さっき立っていた場所から3mほど後ろに飛ばされていました。

ブロック塀と木の間に挟まっていた飛んできた物体は、白いプラスチックの波型トタン。

今思えば、あの時ジャンプして避けなかったら、足をザックリやられていたかも。

家の中に何とか入り、事の次第を話したら、

「はいはい」

えっ?

なんで?

オオカミが出たぞ~!?

そんなウソつく訳ないでしょ、普通。

その日に得たもの。

腰左部分の青タン、1つ。

泥だらけのTシャツ、1枚。

泥だらけのカーゴパンツ、1本。

叱責(服を汚した&台風の中をヒョイヒョイ出歩いた)、1回。

大空に舞い上がった経験、プライスレス。

台風って凄いなぁ~。

ただの低気圧じゃないとは思っていたけど、そこまでヤル気十分だと、お見事としか言い様がありません。

ちなみにダイスケは無事でした。

高校生の時にも台風で悲しい目に遭った事があります。

あまり優等生ではなかった私は、その日も朝に家を出て、友達の家に遊びに行きました。

しばらくゲームなどで遊んで、十一時頃に

「そろそろ行くか」

と学校へ向かいました。

外は強風と猛烈な雨。

当時チャリ通で、傘なんかさせない状況だったので、ズブ濡れで学校に向かいました。

すると途中の道が水没していました。

立つと腰の辺りまであったと思います。

しかし、幸いな事に私達はチャリ。

そのまま水没した道に突入!

もちろん転倒!!

少し流される!!!

やっとの思いで学校に着くと、何故か静まりかえっています。

自分たちの教室に行くと、中には誰もいない。

「集団転校?」

などと話していると、廊下の方からバタバタと人の足音が。

「お前ら、何やっとんじゃ!」

うるさい体育教師がやってきました。

話を聞くと、台風の影響で学校は休みになっていました。

「お前ら普段は来ないくせに、こんな日に限って来るな」

と言われてムッとしました。

遅刻は多くても、無断欠席は少ないのが自慢なのに!

そのまま職員室に連行されたので、若き主張を行う事にしました。

「ちゃんと休みって言われなきゃ来るのが当たり前でしょうが!」

すると担任から意外な一言が。

「電話で連絡したぞ。そしたら「もういないから、学校に行ったと思います」って言われたから、ずっと待ってたんじゃないか」

あれ?

確かにその日は7時頃に家を出たんです。

友達が新しいゲームを買ったとの情報があり、朝一で向かったので。

「でも○○の家には連絡なかったっすよ」

「したよ。お母さんが「わかりました」って言ってたぞ」

担任の送迎の申し出を丁重にお断りして、午後に風が収まってきた頃に帰宅しました。

その日に手に入れたもの。

ずぶぬれの制服、1セット。

転んだ時の右足くるぶしの擦り傷、1箇所。

出かける時は家の人に「行ってきます」と声を掛ける事の大切さ、プライスレス。

台風はお金では買えないものをくれます。

ありがたや、ありがたや。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

はやとちり…

前回のコメント頂いて、そのサイトを覗かせて頂いたら、何やらコラム等を紹介されているサイトさんでした。

一般の方のコラムを募集されていたので、お礼の意味も込めて何かを投稿しようと思いました。(シロウトの私が書いた所でお礼にもなっていないとはわかっていますが)

前回イジメについての詩を書いた話へのコメントだったので、私なりにイジメについて書いてみようと思って書き始めました。

私の場合、Winのメモ帳に文章を先に書いて、貼り付け投稿が主なので、いつものようにメモ帳にせっせと書き込みました。

時間にして一時間程度でやっと完成。

いざ貼り付けようとしたら…

「コラムの投稿には無料IDが必要です」

意気消沈

無料とはいえ、IDが増えていくとわからなくなってしてしまう極小ブレインしか持ち合わせていませんので(>_<。)

多分同じキーワードで引っかかったブログ複数にコメントされていらっしゃるだろうと自分に言い訳して逃避。

もしそうではなかったら、本当に申し訳ありません m(_ _)m

せっかく書いたので、ここに貼り付けちゃいます。

まじめなサイトさんだったので、チョ~まじめに書いてます。

・・・・・・・・・・

社会問題としてイジメが取り上げられていますが、イジメをなくす事はできるのでしょうか?
人は他人よりも優位な状況に立ちたい、他人よりも注目されたい、と願う生き物です。
その為に、自分よりも弱い人間を探し、優越感を得たいと願う。
その為に、仲間外れを作り、連帯感を得たいと願う。

子供は正直です。
自分が気に入らないものは気にいらないと言い、態度で示します。
大人はどうでしょうか?
大人は「相手の立場に立つ」という態度から、イジメをしないのでしょうか?
それは否と思います。
仲間外れにする等の露骨な態度をとらないだけで、本能は子供と同じはずです。
ただ、大人は経験や知識から「イジメは良くない」と言っているだけではないでしょうか?

イジメをなくすの不可能だと思います。
それが人間の本能だから。
でも、他人を傷つけたり、命を奪う権利は無いはずです。
だからこそ、エスカレートしていくイジメに歯止めをかける術を考えなければならないと思います。

私は「イジメはイジメを行う側に全責任がある」と言う大人が嫌いです。
その人は子供が何故イジメをしてしまうのか…という部分に目を向けず、ただ悪だと知識から言っているに過ぎないと思うから。
子供達は狭いエリアで生活をするので、自分とは大して変わりがない者だとしても、小さな、本当に小さな違いを見つけてしまう。
そこにイジメの種を植え、優越感や連帯感を生み出す事で心のバランスをとるのではないかと思います。
私はイジメとは人間の本能だと思っていますから、精神に必要な衝動なのだと考えています。
オンリーワンなる言葉が流行ったのも、自分が他者とは違う存在という事を意識したいからだと思っています。
その衝動は、人間にとって切り離せないものであると同時に、克服しなければならない衝動でもあると思います。

戦争が良い例だと思います。
戦争が人を殺し、涙を生み、憎悪の連鎖を起こす事は誰もが知っています。
でも、自分の大切なものを守る為に戦う事は、人間のみならず、野生の動物でも行う行為です。
それでも大半の人は「戦争をなくしたい」と願っているのではないでしょうか?
人間同士の戦争だけではありません。
食物連鎖という原理に絡められた存在である以上、他者を屠(ほふ)って生きていくしかできない存在でも、自然を愛し、動物に慈愛の心を持つ事はできる。
しかし戦争も食物連鎖も、今の人間には克服できない問題です。
未来永劫克服できないかもしれません。
しかし、それで諦めてしまう事はできません。
遠くの地で親をなくして涙する子供、過去の戦争で酷い目にあったお年寄りの姿を見て、何も感じないはずはありません。
絶滅に瀕している動植物を守りたいと願う気持ちは、決して嘘ではないと思います。

私がイジメをしている人へ言葉をかけるチャンスがあったとしたら、私はこう言いたいと思っています。
イジメはあなたの責任ではない。
イジメはあなたが望んで行っているのではない。
あなたは本能に縛られてしまっただけだから。
でも、本能の鎖を振り切り、あなたが本当に望む事を願う事はできる。
あなたの傍で泣いている人の手を取る事ができる。
もしあなたが行動を起こす事ができないのなら、既に行動を起こしている人に賛同すれば良い。
あなたが加わる事で、賛同の輪を広げて行けば良い。
イジメが良いとか悪いとかは関係ない。
あなたが住む世界で、誰かが泣いている事を考えて欲しい。
あなたの優しさを必要としている事を感じて欲しい。
あなたの手の温もりで、その人の笑顔を取り戻して欲しい。

私がイジメを受けている人へ言葉をかけるチャンスがあったとしたら、私はこう言いたいと思っています。
イジメはあなたの責任ではない。
イジメはあなたが不必要だから起きているのでは決してない。
あなたは世界にとって大切な存在だから。
涙はとても尊いもの。
人間は悲しい時や辛い時に涙を流す。
でも、嬉しい時や楽しい時にも涙を流す。
赤子は泣く事を生まれながらに知っている。
涙は人間の一番大切なものを知っている。
あなたが他人より多くの涙を流したならば、あなたは他人より多くの大切なものを知っている。
だからあなたが必要だ。
あなたが世界にいてくれなければ、私達は本当に大切なものを忘れてしまう。
あなたの存在が、世界をもっと輝かせてくれる。
この際、世界はどうでも良い。
他人が大切なものを忘れてしまおうとも関係ない。
あなたの輝きが消えてしまわなければそれで良い。
もしあなたの涙が止まらないのなら、あなたの輝きから目を逸らさない人に話しかけて欲しい。
あなたの尊さを真剣に見つめている人がいる事を感じて欲しい。
そしていつの日か、あなたの笑って流す涙を私にも見せて欲しい。

私がイジメを考えない大人へ言葉をかけるチャンスがあったとしたら、私はこう言いたいと思っています。
イジメは当事者だけの責任ではない。
イジメはあなたとは関係のない異種族が生み出しているものではない。
あなたと同じ人間が逃れられずに苦しんでいる、宿命の連鎖なのだから。
あなたが争いのない世界を望むなら、平和を祈れば良い。
あなたが命の尊さを感じるなら、大自然に敬意を払えば良い。
あなたがイジメを良しとしないなら、一歩だけでも近付いてみれば良い。
イジメをする側もされる側も、本能が作り出す痺れに苦しんでいる。
あなたの強い心で、人間の知性は本能なんかに負けない事を教えてあげて欲しい。
あなたの優しい心で、この世に不必要な存在なんてない事を教えてあげて欲しい。
あなた自身の心で、こんなくだらない世界にだって光がある事を教えてあげて欲しい。

イジメはなくならない。
だからこそ、なくしたい。
その矛盾こそ、人間の証だと私は思うのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

涙の理由

涙が次から次へと流れてきます。

今年の24時間テレビを見てての事です。

元々涙もろいというか泣き虫というか、感動物を見ては涙する性分なのですが、今年は本当にひどかった・・・。

誰かに見られたらドンビキですよ。

欽ちゃんのマラソンや特別ドラマはもちろん、ゲストのショートストーリーでも涙。

徳光さんに贈った、長島名誉監督の「友」と書かれた色紙を見ても涙。

挙句は欽ちゃん球団の女の子選手が泣いている姿を見て涙。

かるくビョーキです。

世捨て人になって二ヶ月弱、かなり心の触れ合いに飢えてます(>_<。)

欽ちゃん、感動をありがと~!

でも涙ってどうしてこんなに出るのかなぁ。

私は笑う声も大きいらしいし、すぐに涙がポロポロ出てくるし、感情の制御が下手みたいです。

バカなだけって理由も考えられますが・・・。

・・・・・・・・・・

先週、小学生の時のクラスメートの事を急に思い出し、詩を書いてみました。

いじめられていた女の子だったんですが、今頃どうしているのかなぁ。

良かったら読んで感想を聞かせて下さい。

「小説家になろう」というサイトにUPしてあります。(以下は直リンクです)

http://ncode.syosetu.com/n5417c/

ユーチューブで音楽聴いたり、思い付きの詩を書いてみたり、持病の腰痛が治まらずに外食にも行けなかったりして、書きかけの小説がなかなか進まないのが目下の悩みです(~ヘ~;)

とりあえず腰痛さえ治まれば、土日はテニスに行けるんだけどなぁ・・・。

あっ!

税金納めに行かなきゃ(/TДT)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何やってんだか…

最近パソコンをよく立ち上げます。

以前は一週間に一回も使わなかったのに。

それは小説を書く為です。

だったはずです。しかし・・・

連日小説も書かずにユーチューブで動画見てますd(-_☆)

きっかけは某グループのヒットしている曲のパクリ疑惑を聞いて、どんな曲なのか確かめる為に視聴しようと思った事でした。

ユーチューブって凄いですね。

色んな曲のPVが見れる!

PVだけではなく、曲にオリジナルの動画付けてる人も沢山いました。

昨日ずっと聴いていたのが、敬愛する桑田さん(SAS)のアコースティックライブか何かの音源。

持ち歌以外に桑田さんが影響を受けた歌手のカヴァーもあって、かなりイイ!

日清パワーステーションのアコースティックライブのビデオは見たんですが、洋楽以外のカヴァーも良かったです。

大好きなHRバンド、ソナタ・アークティカのPVもあって、見てて飽きません。

気付いたらブルーハーツとか検索している自分がいました(^_^*)

・・・・・・・・・・

「今日は何の日?」みたいなサイトをたまに見ます。

以前に国歌制定について書いたのもこのサイトを見たからです。

今日は・・・

パイナップルの日

パインアッポー最近食べてません。

缶詰美味しいんですけどねぇ。

汁を一気飲みすると喉がイガイガしちゃうんですよね。

果物のくせに人工的に甘くしてもらう所なんて、アッパレとしか言い様がありません。

以前に生のパイナップルをかじったら、めちゃめちゃ硬くて酸っぱかった覚えがあります。

レモンやグレープフルーツなど、「無理して進むな」の黄色は侮りがたし…ですね。

アップルって名がついている事を考えると、リンゴの仲間なんでしょうか?

リンゴも南の国に行けば変わるもんですねぇ。

そう言えば、形からパイナップルって呼ばれる手榴弾があると聞いた事があります。

消火器みたいにピンを抜いて投げるヤツの事だと思いますが、そんなもの無くなっちゃえば良いのに。

「無理して投げるな」ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わらび~餅~

先日ココログで知り合った方が、私の童話を読んで下さって、感想を聞かせて頂く事ができました。

その方もオリジナル小説を書かれている方で、読ませて頂いて創作意欲が更に湧いてきました。

沢山の登場人物が出てくる作品って難しくて私はまだ書けませんが、その方の作品は個性的なキャラが沢山出てきて、私ももっと頑張ろうと右手の握りこぶしを上げた今日…

シリアルが無い!!!

朝食はシリアル(主にチョコ系)と南十字星に誓っているのですが、昨日買い忘れました(涙)

どうしようかと冷蔵庫を開けました。

コーラ1本

チェリオ(オレンジ)1本

スポーツ飲料1本

わらび餅1個

以上。

笑うしかないです。

昨日久しぶりにビールを少々飲んだので、大切なシリアルは買い忘れて、何故かわらび餅買ってるんですよねぇ。

仕方なく、本日の朝食はわらび餅。

わらび餅って美味しいんですけど、以前に三つ食べたら吐きそうになった記憶があります。

量いっちゃうと、美味しいものでも仕打ちに感じるのは何故なんでしょうね。

わらび餅といえば、愛知で働いていた時、夏場に

「わらび~餅~」

っていう声と共にわらび餅屋が参上するんですよ。

石焼いも屋みたいな感じで。

買った事がないので詳しくは知りませんが、わらび餅専門の移動販売って凄くないですか?

それで生計が立つという事は、相当美味いわらび餅なのかもしれません。

今は関東に住んでいますが、実家の九州でも見た事がなく、愛知限定なんだと思うんですが、冬場は何を売っているのか気になる所です。

移動販売で忘れられないものの一つに

ロバのパン屋さん

があります。

ロバパンは私が小さい頃の話ですが、ジャムやクリームが入った、肉まんみたいな形状の蒸しパンを、荷台部分がガラスケースになった軽トラで売りに来るんです。

「ロバ~のお~じさ~ん チンカ~ラリン チンカ~ラリンロン やって~くる~」

っていうテーマソングと共に。

ロバのおじさんは子供たちのアイドルでした。

私が最初に出会ったおじさんは、本当におじさんでした。

でも、小学4年の頃、おじさんはお兄さんに代わりました。

今思えば息子だったのでしょうか?

お兄さんになってから、ロバパンの謎をいくつか教えてもらいました。

私の近所に来る頃には、ガラスケースの四分の一ぐらいしかパンが残ってなくて、いつもチョコやクリームなど、不人気なものしか残っていないんです。

リンゴジャムはたまに残ってるんですが、やっぱり王道のイチゴジャムが食べたい!

お兄さんに話したら、

「遠くから来てるから、その間に売り切れちゃうんだ」

と、申し訳なさそうにチョコパンを1個サービスしてくれました。

ロバパンは遥か彼方からやって来るらしいです。

もう一つ不可解な行動が、やって来るのが不定期過ぎる事。

ひどい時は半年以上テーマソングを聞けない事もあります。

「行く所は決まってなくて、時間もバラバラだから」

つまり、行動範囲はノリで決まる模様です。

それでも大体のルートはあると思うんですが…。

一度だけ小学校の近くでテーマソングが聞こえてきて、休み時間にダッシュして追いかけた事があります。

結局見失うし、次の授業に遅刻してエライ目に遭うし、散々な思い出です。

それでもロバパンは子供時代の大切な思い出です。

コンビニで売っててもバカ売れするほどの味でもないんですけどねぇ。

滅多に口にできないから、尚更愛しい味なんでしょうね。

あぁロバパンよ FOREVER!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国歌制定の日

今日は国歌制定の日。

君が代って意味知らずに歌ってました。

小学生の頃、今の天皇陛下が皇太子だった時に小学校に来たんですよ。

その時も歌ったんだと思うのですが、私は…

不参加。

いやー、生皇太子を見るチャンスだったんですけど、面倒で。

だって暑い中、歓迎式典みたいなのを2時間ぐらいやるんですよ。

しかも炎天下の中、グラウンドで!

どうでも良いのですが、

生皇太子

って字を見てると

生明太子

に見えるのは私だけ?

その他にも運動会や卒業式で歌った覚えがあります。

君が代の歌詞を要約すると、、、

「君主の時代が末永く続きますように」

みたいな意味らしいのですが、民主主義の国の国歌としてはアリなのでしょうか?

それが国歌と決められれば、別に文句はないですけど。

でもどうせなら公募とかして決めれば良かったのに。

槇原敬之さんとかに作ってもらったら、どんな国歌になるのかなぁ。

ドラゴンボールの「チャ~ラ~ヘッチャラ~」を歌ってた人とかが歌ったら激アツ?

アツい方が盛り上がって、オシム監督も納得してくれる気がします。

・・・・・・・・・・

今、地球が滅亡するとしたら…というお題で小説を書いています。

ありきたりなお題ですが、アルマゲドン好きとしてはお弁当のウィンナー並に外せません。

短編なのですが、同じ設定で複数の視点を書きたいなぁと思っています。

でもココログ閲覧に少しハマってて、なかなか進みません。

真鍋さんのブログ面白いし。

ヒット数も凄いですけど、ほのぼの度も凄い。

ココログって面白いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ始めました

実は私…

無職です。

以前は働いていましたが、訳あって現在は無職のぷーさんです。

だから時間があるので、小説を書いたりしています。

書いているのは良いのですが、やっぱり誰かに読んでもらって、感想が聞きたい!

でも友達に

「小説書いたから読んで」

なんて恥ずかしくて言えない!

そこでwebの小説サイトに公開する事にして公開したんですよ。

でも…

誰も見てくれない!!!

いやね、そんなもんだとは思っていたんですけど。

だって有名人じゃないし。

日焼けして右腕にポツポツできちゃったし。

でも読んで欲しい!

その小説サイトで読んでもらうコツみたいなのが紹介されていて、

「ブログを作って発表しよう!」

みたいな事が書いてあったので、即作成!!!

ブログの比較サイトの簡単なアンケートに答えたら、

「あなたにお勧めはココログです」

それで

みなさん始めまして

です。

でも、このブログを誰も見てくれなかったらどうなるんだろう???

そこらへんの事には一切ふれてなかったんですよねぇ。

もしかして孤独の連鎖!?

寂しい。

寂しすぎます!

インターネットは世界と繋がるって言ってた気がするのに…

自分の内面としか繋がってない気がするんですけど。

とりあえず、他の人のブログ見て、仲良くしてくれそうな人を探そ。

何か転校生になった気分…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年9月 »